2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

  • いつも同じ
    2010.6.10生 ♀ 1歳、数日前に横浜の里親会から我が家に。 右目下半分が、白内障の名残があり、白い。 子犬の時両目が白内障で真っ白だったと聞いています。投薬の効果で、今はよく見えています。おっとり、絶対に急がない。 今では、寄せ集めパックの、お姉さん。

せり

  • ミミちゃんと一緒
    2012.1.19 生 ♀ ラフコリー 13年7月、せり1歳6ヶ月、長野移住とともに、長野のブリ-ダーから譲り受ける。姉妹で遊んでいて、階段から落ち、後ろ足脱臼(パテラ)。毎日の散歩の甲斐あり、筋肉がついたのか、その兆候は消えました。 血統書名が”ゴーイングマイウエイ”その名前の通りの性格

  • ボールください
    2011.6.22生 ♂ スタンダード・プードル 生後3ヶ月で、山梨県のブリ-ダー元から我が家へ仲間入り。 山梨は甲斐国。漢字を変えて快/かいと名付ける。 我が家のお散歩リーダー。長い足で山の中を駆け回っています。

とも

  • これ蹴って
    2012.3.14生 ♂ ジャックラッセルテリア 生後7ヶ月で、我が家に仲間入り。. 埼玉県の里親募集の写真に一目惚れして、引き取りました。 気が強く、人に歯を出して向かってきましたが、今ではその傾向は減っています。

くっく

  • 仲良し
    1999.8.6生♂ 親犬は由緒正しい雑種犬。 父犬はプチ(クミ実家の犬)母犬はベル(クミ母実家)。親犬をたどれるってすごい。 2011.8.4 没 誕生日の2日前に亡くなる。誕生日までもう少しだったのに。死因は、肥満細胞腫。 聞き分けの良い、言うことなしの犬。隣は萌。家に来て、萌はすぐ打ち解けました。

コロン

  • 好きダー
    2011.1月没 くっくが5歳の時、里親会から引き取りました。大食い女王。

« よく食べます | トップページ | ともの貯金とウサギの顛末 »

2017年5月18日 (木)

ウサギの続き

今朝の散歩は、昨晩の雨の後なので涼しい

快は散歩道でリードを外すと、一目散で駆けだした

行った先は、昨日のウサギの死骸のあったところ

匂いを嗅いでいます

私はウサギの死骸のあったところからを30cm離れた場所に埋めました

快は死骸のあった所、匂いの形跡を探しています

確かに埋めたところは、ダイレクトには見つけられないようです

やはり快は場所を覚えているんですね

せりはまったく興味が無いらしく、お付き合いで匂いを嗅いでいます

これは、血統の違いですね

快は猟犬。レトリーブを目的に作られたので、獲物に貪欲です

せりは牧羊犬。羊の張り番や羊を集めるのが仕事。プレイドライブ・・動く物を追いかける習性があります

犬としての種類の違いがはっきり出ますね

ともは、仕留める犬です。穴に潜って・・・ダックスフンドと同じように獲物を仕留めます。だからあきらめもよく、追いかけても無駄だと思うとあっさり引き上げるところがあります

1495058049526

あさんぽのあと、萌が玄関に出てきました

散歩に行くよと、付いてくるかと後ろを振り返ったら・・・来ないんかい


1495058065518

萌、行くよ

かまって欲しいので、萌はわざとこういうことをします

追いかける真似をすると、うれしそうはしゃぎ飛び跳ねます

毎朝、こんなことの繰り返しです

« よく食べます | トップページ | ともの貯金とウサギの顛末 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

クミさん

犬種による本能による習性の違い、面白いものですね。
食べ方一つとっても全然違うし、散歩も行く行かない段階から、行った先での行動まで
みんな違いますね。

萌ちゃん、みんな散歩に行ったのに行かず?
誘ってももったいぶり、
遊び仕掛けると喜び、
なかなかの知能犯、自我がはっきりありますね。

我が家のチビ達への食事事情ですが、
母犬純、チビ達へはドッグフードをふやかした類のものは食べさせないようにしているように見えます(親バカ妄想かもしれませんが)。
そして驚くことに、純は生の肉だけばチビ達の寝床に置きに行きますよ!
それがささみや鶏もも肉皮なしの場合は、一応私は様子を見て楽しんでいますが
生の鶏の手羽先だったりすると・・・群がるチビ達を押しのけて撤去します、一応!
おそらく、問題はないはずだと思いつつ・・・・
自然界で捕獲した獲物はみんな生で骨つきですからね〜

純オーナーさんこんばんわ
犬種のこと、もっと詳しく書きたいと思いますが、時間が無いのではしょってしまいました。犬種が作られた歴史は、やはり無視できないと思います。犬種の特性がでますね。
純ママの奮闘がとっても面白いですね。tomokoさんが肉を使って経験していることは、とても大事なことだと思います。なかなか生肉を使って子育てをさせるオーナーはいませんからね。
ぜひ、今後のこともお知らせ下さい。楽しみにしています(o^-^o)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589749/65293535

この記事へのトラックバック一覧です: ウサギの続き:

« よく食べます | トップページ | ともの貯金とウサギの顛末 »