2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

  • いつも同じ
    2010.6.10生 ♀ 1歳、数日前に横浜の里親会から我が家に。 右目下半分が、白内障の名残があり、白い。 子犬の時両目が白内障で真っ白だったと聞いています。投薬の効果で、今はよく見えています。おっとり、絶対に急がない。 今では、寄せ集めパックの、お姉さん。

せり

  • ミミちゃんと一緒
    2012.1.19 生 ♀ ラフコリー 13年7月、せり1歳6ヶ月、長野移住とともに、長野のブリ-ダーから譲り受ける。姉妹で遊んでいて、階段から落ち、後ろ足脱臼(パテラ)。毎日の散歩の甲斐あり、筋肉がついたのか、その兆候は消えました。 血統書名が”ゴーイングマイウエイ”その名前の通りの性格

  • ボールください
    2011.6.22生 ♂ スタンダード・プードル 生後3ヶ月で、山梨県のブリ-ダー元から我が家へ仲間入り。 山梨は甲斐国。漢字を変えて快/かいと名付ける。 我が家のお散歩リーダー。長い足で山の中を駆け回っています。

とも

  • これ蹴って
    2012.3.14生 ♂ ジャックラッセルテリア 生後7ヶ月で、我が家に仲間入り。. 埼玉県の里親募集の写真に一目惚れして、引き取りました。 気が強く、人に歯を出して向かってきましたが、今ではその傾向は減っています。

くっく

  • 仲良し
    1999.8.6生♂ 親犬は由緒正しい雑種犬。 父犬はプチ(クミ実家の犬)母犬はベル(クミ母実家)。親犬をたどれるってすごい。 2011.8.4 没 誕生日の2日前に亡くなる。誕生日までもう少しだったのに。死因は、肥満細胞腫。 聞き分けの良い、言うことなしの犬。隣は萌。家に来て、萌はすぐ打ち解けました。

コロン

  • 好きダー
    2011.1月没 くっくが5歳の時、里親会から引き取りました。大食い女王。

« 雪山歩き | トップページ | 肉の番 »

2016年12月10日 (土)

今朝の寝相

雪がうっすら積もりました

萌とともは待ちきれず、散歩にGo

萌は後を付いてくると思いきや・・・来ません

いつものメンバーの散歩

昨日はよほど疲れたのでしょうね、今日は短くて良さそうです

1481330817511


1481330841685


昨日鶏のもみじと魚のツバスが届きました

早速今朝のご飯にしました

鶏のモミジはかみ応えがあるので、歯石取りには良いかな?と思っています

気づいたときは、とも以外の犬たちの歯は、こすって汚れを取りますが、

歯石になったときは、鉗子でとっています

今朝、アクセス解析を見たら、なんと66名の方が来ていました・・びっくり

野生のエノキダケのことだったのか?誰かが悪口を書いたから見に来たのか?

驚きの人数です

« 雪山歩き | トップページ | 肉の番 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

萌ちゃん、雪は好きだけど、散歩は適当って、やはり!?
秋田犬って個性的というかマイペースというか、自分の体調だか気分に合わせて散歩の距離を自ら決めるような感じがしている今日この頃。
他の犬種だったら絶対グイグイ疾走したいぐらい行くのであろうに・・・

せりちゃんもへそ天で寝るのですね。
無防備で寝られる幸せは格別でしょう。
しかも、お腹がモフモフ!? 尻尾でしょうか。

それにしてもクミさん、私が憧れる犬種が身近にわんさかいるなんて、やはり高級な地帯にお住みだからですかね。
サルーキー、本物はまだ見たことがないので本当に羨ましい限りです。
勝手な妄想で、さぞかし気品に満ちているんだろうなぁと思います。
冗談抜きに、アイリッシュウルフハウンド、お迎えしてくださいよ。
トリミングやお手入れはスタンプーで鍛えられていらっしゃるようなのでアイリッシュウルフハウンドは問題ないでしょう!
秋田犬はダブルコートで乾きは悪いですが直毛なので、その点は楽なんだなぁと思い知りました。

純オーナーさんこんばんわ
せりのお腹のもふもふはしっぽです
私の周りには、犬好きの方が多いようです。田舎なので大型犬が飼いやすいんでしょうね。純オーナーさんみたいに、秋田犬本場のような所におすまいだと、毛色の変わった犬は飼いにくいのかしらね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589749/64605792

この記事へのトラックバック一覧です: 今朝の寝相:

« 雪山歩き | トップページ | 肉の番 »